base

BASE(ベイス)の商品登録方法と「売れるコツ」を解説!

2020年12月11日

 

こんにちは、ジョニーです!

 

今回は「無料でネットショップが開設できるBASE」について、開設が終わりこれから商品を登録していくという方が、誰でも分かるように簡単に解説していきます。

 

こんな方におすすめ!

困っている人

  • BASEの商品登録は初めて
  • 商品登録の手順を知りたい
  • 商品登録のコツを知りたい

 

本記事の内容

  • BASEの商品登録について
  • 商品登録の確認
  • 補足商品登録5つのコツ

 

BASEは商品の登録も簡単ですよ!と言われますが、本当にパソコン初心者の気持ちで説明しているところは意外と少ないです。

 

なので今回は、本当にパソコン初心者の気持ちを意識して書いていきますので、慣れている方にはあたり前のことがあるかもしれません。

 

この記事を読めばBASEの商品登録を完全にマスターすることができると思いますので、是非最後まで読んでみてください。

 

それでははじめます。

 

 

BASEの商品登録 開設完了の画面から

 

まずはじめに、開設完了後の画面は以下のようになっていますので

左上の「商品管理」→「✙商品を登録する」とクリックします。

 

BASE商品登録 登録内容

 

次に商品の詳細を登録する画面です。

 

入力する詳細はこちら。

入力内容

  • 商品名   
  • 商品画像  
  • 商品説明  
  • 価格(税込)   
  • 税率    
  • 在庫と種類 
  • 表示・公開

 

初心者向けポイント

◆画像の取り込み方法

✙画像を選択ボタンを押すとファイルが出てくる

②ドラッグ&ドロップとは、ファイル内の画像の上で左ボタンを押したまま画像の枠に入れること

 

 

BASE商品登録 登録内容の確認

 

商品の登録ができたら、その商品がどのようにサイトで見えるのかを確認しましょう。

確認の仕方は、以下のように「デザイン」をクリックします。

 

そうすると、一旦仮で選択されているテーマ(トップ画面のデザイン)にあなたの商品が登録されている状態になっています。

 

選択中のテーマの右下にある「」をクリックすると、使えるテーマが下にたくさん出てきます。

 

好きなイメージの所をクリックすると、そのままあなたの商品が繁栄されるので、全部試しても良いかもですね。

 

イメージに合うデザインテーマ決まったら、右上の「保存ボタン」を押し忘れないようにしましょう。

 

そうすると、また「保存する」が出ますのでクリックしましょう。

 

 

商品登録画面→デザイン画面に進んだと思います。

ここから元の「ホーム」に戻るためには、「デザイン画面」左上の「✖終了する」をクリックします。

そして「このページを離れる」をクリックすると、「ホーム」に戻れます。

その後、ショップ情報などの編集をしたい時は、右上の「家のマーク」をクリックしましょう。

 

 

 

\ ネットでお店を開くならBASE /

▼BASE公式サイト

 

 

BASE商品登録 補足登録時のコツ4つ

商品名の付け方

商品名は、そのままの名称だけではクリックされにくいので、「お客様がクリックしたくなるような商品名」を付けましょう。

 

なぜなら、ネット上には同じような商品が溢れており、お客様の目もそれに慣れてしまっているので、自分にメリットがあるような名称じゃないとクリックしないからです。

 

具体的には、商品名に「有力な情報」を付けてあげることです。

 

例えば、商品名をただ「スキニーパンツ」とするより、「美脚効果の高い新しいスキニーパンツ」の方がクリックしたくなりませんか?

 

このようにお客様が欲しい情報、魅力がある情報を載せてあげることが大切です。

 

補足

商品名もSEO(検索エンジン最適化)に影響するので、全ての文字を繋げないようにスペースや【】などで区切ってあげると良いです。

 

商品画像について

商品画像も商品名と同様に、どれだけお客様の目を引くことができるかが重要になってきます。

 

例えば、楽天が行ったABテストの結果はこちら。

A.
モデルの全身が入った商品の着用画像

▶多くの情報を詰め込んだタイプ

B.
商品をメインにし、モデルの顔は出さないようにした画像

▶情報を絞ったタイプ

 

結果は、Bの方が売上で約8倍となったそうです。

 

やはりお客様が欲しいのは商品なので、商品に重点を置いてお客様が求める情報画像を訴求することが、売り上げに直結するのですね。

 

また、画像の背景色は「白」一択です。

 

理由は2つ、「商品が映えるから」と「売れるから」です。

 

確かに背景の色によって、商品自体の見え方も変わってしまうので、白で間違いないかもですね。

 

商品説明の仕方

商品説明も、商品名と同じようにお客様により伝わりやすい言葉を使うことが必要です。

 

例えば、特徴だけでなくその商品を使うとどんな良いことがあるのか?という「ベネフィット」をしっかり伝えることが大切です。

 

分かりやすく言うと、具体的にイメージできるように「夢を見せてあげる」ことですね。

 

また、どんな商品にもメリットとデメリットがあるはずです。

 

なので、そこもしっかり明記することで、トラブル回避にも繋がってくるでしょう。

 

商品価格の付け方

商品の価格設定については、まず他社での値付け状況を検索して確認してみましょう。

 

他社よりも何倍も高い価格設定では売れる可能性は低いです。なので「他社の」の確認は必須ですね。

 

また、「お客様が考えている相場」というのも意識すると、より現実的な価格設定ができるでしょう。

 

とはいえ、販売しても利益が全く出ないようでは商売になりませんので、仕入れ価格から調整が必要ですね。

 

 

BASE商品登録の仕方 まとめ

 

今回は、BASEの商品登録の仕方について解説しました。

 

手順としてはそれほど難しくないと思いますが、やはり何度も触るといろいろ見えてきますね。

 

最後にまとめると以下の通り。

商品登録手順

  • ホームの商品管理から登録
  • 登録状況はデザインページで確認
  • デザインページでサイトテーマが選べる
  • 登録には4つのコツがある

 

今回は以上です。

 

\ ネットでお店を開くならBASE /

▼BASE公式サイト

 

-base
-

© 2022 digital-wave